車の下取り完了までの流れと必要書類

下取りまでの手順

まず最初に言わずもがな、販売店で次に購入する車の目星をつけます。下取り価格によって予算は変わるでしょうから、いくつか候補を設けておきましょう。
次に販売店に下取りの査定を依頼します。この時、もし購入後の手続きの手間を惜しまないのであれば、買い取りの査定もいくつかの業者に依頼しておくと良いでしょう。
査定額が決定したならば、値引きの交渉に入ります。この時、下取りでは新車の価格から下取り価格を引いた値段を提示されるので、いくらの値段が付いたのか分かりません。買い取り査定を他に依頼しているのであれば、そちらの価格を参考にしましょう。
新車の購入総額が決まったら、購入者の契約と、下取り車を手放す手続きを行います。

これで、晴れて下取り手続き完了です。

下取りに準備しておく物

車を下取りに出す場合、いくつかの書類が必要になります。
・自動車検査証(車検証)
現住所や氏名が変わっている場合、住民票が必要になります。また、万が一紛失してしまっていたら、運輸支局で再発行を行ってください。
・自動車税納税証明書
有効期限を確認しましょう。
・自賠責保険証明書
紛失していたら、車検証を用意して保険会社に連絡しましょう。
・印鑑登録証明書
役所で発行から3ヶ月以内のものを準備しましょう。
・実印
・リサイクル券
車の購入時に預託している場合に必要です。基本的には返還されているか、下取り料の中に含まれています。確認し、もし再発行が必要ならば、自動車リサイクルシステムのホームページにて再発行しましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ