賢く買い換える自分の愛車

一口に車の買い取りと言っても、様々な手段があります。それぞれにメリット、デメリットが存在します。 絶対にこの方法が良い!という正解はありませんが、それぞれの良い点、悪い点を知っておくことで、自分の目的に合った手段を選ぶことが出来るようになるでしょう。

車の下取り完了までの流れと必要書類

現在乗っている車を売って新しい車に買い換えることに決めたならば、早速自動車販売店へ! でも初めてだと下取りするにはどのような手順で行うのか。契約に必要な書類などがあるのならば、何を用意したら良いのか、出来れば知っておきたい所。 是非とも一度確認しておきましょう。

下取りする車が損傷していたら直してから査定に出した方が良い?

下取りに出す予定の車が事故で廃車になっていた場合でも、買い取ってもらえるのか?キズや凹みが車体に残っていたら、業者に修理に出して、綺麗にしてから下取りしてもらった方が査定額は上がるのか? どうせ売るなら少しでも高い値段が付いて欲しいですよね。

車の下取りのメリット・デメリット

長年乗り慣れた愛車も、手放すことになる時が訪れます。
家族構成の変化、事故、老朽化、維持費のコストダウン、ニューモデルへの乗り換え、心機一転等々。様々な理由から新しい車、もしくは中古車に買い換える事があります。

新しい車へ乗り換えるなら、当然それまで乗っていた車は不要になるでしょう。
ただそのまま廃車にしてしまうことも出来ますが、長年連れ添った愛車です。せっかくならどこかに存在する、自分の車を欲しがっている人の手に渡って、まだまだ走り続けて欲しいのも人情。
また、手放すことで得たお金を新車への購入資金に充てられるのであれば、廃車にしてしまうのはあまりにも勿体無い。それを選択しない手はないでしょう。

基本的に車の売却にはディーラーや自動車販売店、買取専門店に依頼する「買い取り」と「下取り」があります。また、最近ではネットオークションを始めとした、専門の業者を介さず個人売買で売る手段も台頭してきています。どの方法においても、それぞれメリットとデメリットが存在します。

「買い取り」とは読んで字のごとく、専門の業者が顧客から中古の商品に値段を付けて、現金と引き換えに引き取ることです。
「下取り」とは、メーカーや販売店が商品を売る際に、顧客が持っている同じ種類の商品に値段をつけて引き取るところまでは買い取りと同じですが、その代金を顧客に販売する商品の価格から差し引く事を言います。現金が発生しないところが違う点ですね。自動車や家電、最近ではスーツなどの売買の際にも行われています。

このサイトではそんな車の下取りに、初めて挑戦する方が、下取りを行う前に是非知っておきたい知識をまとめました。
是非ご活用ください。